The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

93.44

Region(エリア)

Campbeltown

Age(熟成年)

11

Alc.%

61.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1999

Outturn(ボトリング本数)

220

Release(リリース日)

2011/07

 

 

Title(題)

ハーバーサイドジャーニー A harbour side journey

コメント

港へと歩いていく間にハーブ味の風船ガムを噛みながら、海老の燻製やアーブロース スモーキーズ(燻製ニシンにバターを詰めて焼いたもの)、ラズル クリスプス(ライスシリアルの一種)の前を通り過ぎる。やがてきれいで新鮮な海からのそよ風が、ジャーモリーン(消毒軟膏)、絆創膏、ガソリンとタールの悪臭を和らげるサムファイア(海岸などに生えるセリ科の多肉草)のかすかな香りを運ぶ。また新鮮なムール貝の燻製、燻製シーフードのチャウダー、味噌汁、そしてシナモンドーナッツの味も堪能せざるを得ない。水をひと飲みした後、クレオソートの匂いのするフェンス、香煙、松ヤニ、干し草、毛皮のコートと香水を身にまとう淑女の香りがする。その一方で辛く脂肪分たっぷりで灰の味がする、こってりとしたスモーキーな五香粉風味の豚バラ肉の味がする。
この蒸溜所は、元オーナーのダンカン・マッカラムの幽霊が現れるといわれている。

カラー: 梨のジュース(0.8)
カスクタイプ: レフィル バレル
ソサエティ日本支部の一言【圧倒的な塩と煙、そして灰、メンソールタバコ、削り節、まるでアイラのような個性が際立つ。】   

Comment

As I was walking down to the harbour, chewing herbal bubble gum I passed smoked prawns, Arbroath Smokies, and Razzle crisps; the beautiful fresh sea air carrying a whiff of Germolene, Elastoplasts and samphire calmed the stench of petrol and tar. I couldn’t but enjoy tasting some fresh smoked mussels, smoked seafood chowder, miso soup and cinnamon doughnuts. After a glug of water I smelled creosote fences, incense, pine resin, hay and a perfumed ladies fur coat, while tasting oily, smoky Chinese five spice pork belly that was hot, fatty and ashy. This distillery is said to be haunted by Duncan MacCallum.
Colour: Pear juice(0.8)

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

93.44.pdf PDF

リストへ戻る