The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

93.37

Region(エリア)

Campbeltown

Age(熟成年)

17

Alc.%

64.3

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1992/03

Outturn(ボトリング本数)

183

Release(リリース日)

2010 Spring

 

 

Title(題)

パリダカールラリーのドラム Paris to Dakar rally dram

コメント

「香ばしくて丸ごと焼いたサトイモ。古民家の囲炉裏、燻製小屋、個性的だがすべてが懐かしくて忘れがたい。」 香りが驚くほど複雑 -スティッキートフィープディングからカラメルで料理されたポークへ、安いコーラから汚れで油染みた絨毯へ、ヒースやラベンダー、タイムからナツメヤシやマルメロ、そしてローズへと変化する。 味は-舌が焼かれるようで、息を呑むような男の中の男のドラム。砂漠でオーバーヒートした車のエンジンは花やキャンディーの甘さによってほどよくバランスを保つ。 加水するとシンダートフィーとディーゼルガスが香り、車のエンジンの排気マニホールドの上のペッパー風味のキャンディーやチリフライを思わせ、ミラベル酒のような後味が伴う。

Comment

A dram this big and challenging was bound to split the panel; the nose was amazingly complex - from sticky toffee pudding to caramelised pork, from cheap cola to oily rags, from heather, lavender and thyme to dates, quince and rose. The palate was more divisive - a tongue-roasting, breath-taking, manly man’s dram; over-heated car engines in the desert, just balanced by floral, candy sweetness. The reduced nose had cinder toffee and diesel fumes and the palate suggested peppered candy or chilli fried on an exhaust manifold with a mirabellenwasser finish; contentious, but full of character. Duncan MacCallum haunts his old distillery. Colour - Sahara sand 

Price(価格)

¥9,500

プリントアウト用PDF

93.37.pdf PDF

リストへ戻る