The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

93.32

Region(エリア)

Campbeltown

Age(熟成年)

16

Alc.%

64.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1992/03

Outturn(ボトリング本数)

197

Release(リリース日)

2008 Winter

 

 

Title(題)

港の壁沿いの蒸気船 Old puffer by the harbour wall

コメント

香がパネルを様々な場所へ運んでいく。チャリティーショップ(リサイクル店)や厩(皮や干草)、モルト大家は昔のアムステルダムの港の側にある機械工場、海泡石のパイプからの甘いバニラの煙のような絵を描いた。想像力を発揮させよ!加水前はチャレンジング(野蛮とコメントした人もいた)、煙草、革、ウッディーなスパイス、アニスシード、塩を感じる。加水すると香は工業の微かな香、オレンジ、リフレッシャー、ヒースの蜂蜜、鋸で切った屑、すす。味は甘くスモーキー、杉、塩気のあるグースベリーのフィニッシュ。パネルは意見が分かれる。大半が恍惚、もう一人も恍惚。

Comment

The nose transported Panel members to various places; charity shops (old clothes) and stables (leather and hay) while the malt-meister painted a convincing picture of an old Amsterdammer sitting on harbour-side machinery, smoking a meerschaum-pipe of sweet vanilla tobacco - some imagination! The unreduced taste was challenging (“brutal” said one) with tobacco, leather, woody spice, aniseed balls and salt. With water, the nose retained a whiff of industry, but also orange, refreshers, heather honey, sawdust and soot. The taste became sweetly smoky with cedar and a salty gooseberry finish. It animated and divided the Panel; most in raptures, one in ruptures.

Price(価格)

¥10,500

プリントアウト用PDF

93.32.pdf PDF

リストへ戻る