The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

90.11

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

19

Alc.%

54.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1990/03

Outturn(ボトリング本数)

111

Release(リリース日)

2009 Autumn

 

 

Title(題)

納屋の中で踊るホーダウン(スクエアダンスの一種) Hoe-down in the barn

コメント

香りは複雑で変化に富んでいる。甘さの領域でいウトバブルガム、果実の甘さ、スウィズルローリー(棒付けキャンディの一種)。一方心地よい香りの領域ではポプリ、スミレ、タバコ、ほんのわずかにビネガーの香りがする。味は甘いが、コックス(青リンゴの一種)、アニスの実、パイプタバコ、そしてタールなど、さらに興味深い味が加えらている。加水すると棒付きキャンディとレモンのわた(皮の下の白い部分)が空中を漂う。タバコ、皮革、古い俵、チャチャガールの父親のソックス!加水後の味は、味気ないわけがない生皮の周りに漂う人工的な甘さ。味わうに心地よく、やがてさらによくなる。蒸溜所は1974年に創業し、2002年に閉鎖した。■ソサエティ日本支部の一言【レモンメレンゲ、綿アメ、グランマルニエ、麦芽の上品な甘味】2009 Autumn Releas

Comment

The nose was complex and varied ; the sweet end the spectrum had bubble-gum, fruit sweet and Swizzellollies while the fragrant end had potpourri, violets , tobacco and traces of vinegar . The palate was sweet but with interesting additions - Cox's apples, aniseed, pipe tobacco and tar. Lollies and lemon pith levitated the reduced nose but something musty held it down (tobacco, leather, old straw bales, Cha-Cha-girl's dad's socks ! ) The reduced palate was definitely not boring - artificial sweetness tummbling around with rawhide leather ; pleassnt to drink and getting nicer with time. The distillery was built in 1974 and demolished in 2002. 2009 Autumn Release

Price(価格)

¥10,000

プリントアウト用PDF

90.11.pdf PDF

リストへ戻る