The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

9.92

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

23

Alc.%

54.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1990/07

Outturn(ボトリング本数)

233

Release(リリース日)

2014/9

 

 

Title(題)

甘さとスパイスの完璧なバランス Perfect balance of sweetness and spice

コメント

コショウとグラッパの微かに鼻を刺す香りがバター掛けポップコーン、バタースコッチ、カルバドス、紅茶、カスタードデニッシュに移行した。
加水するとさらに香りよく魅力的に思えた – グラッパがポワール・ウィリアムズになった。
その後、カスタードクリーム、蜂蜜、キャンドルワックス、クエン酸の爽やかさが現れた。ストレートの味には甘さとピリッとした刺激が同時にあった – 水気の多い果物(メロン、グーズベリー、レモン)、釣合いをとる甘いタバコ、メンソールトローチ、ショウガ。
加水するとバニラ、蜂蜜、ドリーミックスの甘さが保持されたが、味ではアニスの実、ディル、リコリス、砂糖掛けフェンネルシードが増えると感じた。
スティルの精溜器では先駆者だった蒸溜所から。

Comment

A touch of pepper and grappa nose prickle gave way to buttery popcorn, butterscotch, Calvados, black tea and custard Danish.
It seemed more perfumed and attractive with water – the grappa became Williams; then custard creams, honey, candle-wax and citric freshness appeared.
The unreduced palate was sweet and zesty at the same time – juicy fruits (melon, gooseberry, lemon) counter-balancing sweet tobacco, Fisherman’s Friends and ginger.
With water, it retained a vanilla, honey and Dolly Mixture sweetness but we detected an increase the aniseed, dill, liquorice and sugar-coated fennel seed side of the palate.
From the distillery that pioneered purifiers on stills.

Price(価格)

¥15,000

プリントアウト用PDF

9.92.pdf PDF

リストへ戻る