The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

9.108

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

23

Alc.%

50.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1992/11

Outturn(ボトリング本数)

192

Release(リリース日)

2016/9

 

 

Title(題)

クリームティーと木製フルーツボウル Cream teas and wooden fruit bowls

コメント

香りが思い起こさせたのは、パイナップル、グアバ、マンゴー、 ギュウシンリが入った塗装木材製フルーツボウル。シャブリがお供のクリームケーキとラズベリー・ブラックベリー・パイも想像した – 繊細で品がある。味は暖かくて穏やか、それでいて華やか – 「レディのハンドバックに入ったポロ・フルーツ」と、ひとりのパネリストが断言した。他のパネリストたちはシャーベット・ディブダブ、レモンとライムのソルベ、サルタナケーキ、トレイル・ミックス(ドライフルーツとココナッツ)を発見した – 今度はビンテージ・シャンパンがお供。加水した香りは溌剌として爽やか、そしてトロビカル(シャーベットストロー、昔風のレモネード、デニッシュペストリー)。味は、強いフルーティな甘さを伴う穏やかなウッドの影響をもたらした。

Comment

The nose evoked a fruit bowl of painted wood, containing pineapple, guava, mango and custard apple; we also imagined cream cakes and raspberry and blackberry pie, accompanied by Chablis – delicate and dignified. The palate was warm and relaxing, yet opulent – ‘Polo Fruits in a lady’s handbag’, declared one panellist; others found sherbet dib-dabs, lemon and lime sorbet, sultana cake and trail mix (dried fruits and coconut) – this time washed down with vintage champagne. The reduced nose was lively, fresh and tropical (sherbet straws, old-fashioned lemonade, Danish pastries). The palate provided a fascinating balance of gentle wood influence with intense fruity sweetness.

Price(価格)

¥18,000

プリントアウト用PDF

9.108.pdf PDF

リストへ戻る