The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

85.43

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

9

Alc.%

59.4

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2006/06

Outturn(ボトリング本数)

204

Release(リリース日)

2017/2

 

 

Title(題)

舌の上で踊るタランテッラ Tarantella on the tongue

コメント

初めの頃の香りは明るく、フルーティで魅力的 – ラムネ菓子、1960年代の子供用福袋、洋ナシとリンゴのシュトルーデル(ペストリーと散りばめられた粉砂糖も含めて) – その後、木材の削り屑とハーブの面(レモンバーム、スペアミント)が現れた。味は元気いっぱい、柑橘類とパッションフルーツの強さが舌の上でタランテッラを踊る。ルバーブ・ロック、口の中で弾けるキャンディ、そしてフライングソーサーの甘さに、パテと糊が微かに。加水してもやはり発泡感があり、香りはより甘く、芳香を放つ – シャーベットストローとサマークリームズで一杯のお菓子屋さん。味は快活だがエレガント – 沢山の洋ナシ(プロセッコを混ぜたポワール・ウィリアム) – 香りの良い穏やかな刺激が残る。

Comment

The early nose is bright, fruity and attractive – chalky sweets, 1960’s lucky bag, pear and apple strudel (including pastry and sugar sprinkles) – then it develops wood shavings and herbal aspects (lemon balm, spearmint). The palate is lively, with citrus and passion fruit intensity dancing a tarantella on the tongue; sweetness of rhubarb rock, popping candy and flying saucers and hints of putty and glue. Still spritzy with water, the nose is sweeter and more perfumed – a confectioner’s full of sherbet straws and summer creams. The palate is vivacious but elegant – lots of pear (Williams mixed with prosecco) – leaving gentle perfumed tingles.

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

85.43.pdf PDF

リストへ戻る