The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

85.23

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

12

Alc.%

59.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1999/09

Outturn(ボトリング本数)

367

Release(リリース日)

2012/02

 

 

Title(題)

焦げた雑穀パンとブランブルジャム Burnt granary toast with bramble jelly

コメント

最初の香りは典型的なシェリー樽熟成。擦ったマッチの軽い硫黄っぽさ、あるいは自家製マヨネーズと雑穀パン。硫黄の香りはすぐに吹き飛んで、イースト感や酸味のあるプンパーニッケルパン(ドイツ風のライ麦の黒パン)と焼き上がったペカンナッツのパイを残す。そのままの状態では味は非常に甘く、焦げ味があり攻撃的。
加水すると、バターとブランブル(ラズベリーやスグリなどのベリー類)ジャムかプラムジャムを乗せた焦げたパンに隠れて再び硫黄が現れ、後から糖蜜のトフィー。口の中では、舌触りは濃厚でスムース。味はとても甘く、かすかに生のブランブルと赤スグリの実の苦味。色:淡い琥珀にカーキ色の明かり(0.7)
 日本支部の一言【焦がしたベーコン、ゼリーの甘さ。厚みがありスムーズ、シェリーの長いフィニッシュ。】

Comment

The first notes are typical of ex-sherrywood maturation: lightly sulphur, with struck matches, or as one put it ‘home-made egg mayo with granary bread’. The sulphur notes soon blow off, leaving yeasty, sour pumpernickel bread and baked pecan pie. At natural strength the taste is very sweet, burnt and aggressive. Water re-introduces the sulphur notes, which linger behind burnt toast spread with butter and bramble jelly or plum jam, and later treacle toffee. In the mouth, the texture is thick and smooth, the taste very sweet and slightly bitter, with raw brambles and redcurrants.
Colour: Pale amber with khaki lights (0.7)

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

85.23.pdf PDF

リストへ戻る