The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

77.43

Region(エリア)

Highland

Age(熟成年)

14

Alc.%

56.3

Cask Type(樽の種類)

2nd Fill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

2001/04

Outturn(ボトリング本数)

234

Release(リリース日)

2017/1

 

 

Title(題)

日本の出し巻き卵にデュンケルバイツェン Japanese omelettes with Dunkelweizen

コメント

このウイスキーはホグスヘッドで13年過ごした後、セカンドフィルのオロロソ・バットに移された。盛りだくさんな香りだとパネルの意見が一致 – レザー、乾燥ココナッツ、マーマレード、チョコレート・ジンジャー、綿菓子、クレームブリュレ、スイカズラ。味は胡椒の効いたハモン・セラーノ、咳止めシロップ、ダーク・ウィート・ビアー(デュンケルバイツェン)、スティッキー・トフィー・プディング、オレンジゼスト、ビターチョコレート。加水した香りには重厚なフルーツケーキ、ブラック・バン、ライ麦パン、アモンティリャード、そして薬屋のカウンターがあった – ひとりのパネリストは子供の頃の手押し車を思い出した(木材、カーペット、グリース)。味はより甘く、豊かに、スパイシーになったようだった – カスタード、リコリス、それに海鮮醬をかけた日本の出し巻き卵が広がった。

Comment

After thirteen years in a hogshead, we transferred this to a second-fill Oloroso butt; the panel agreed the nose had lots going on – leather, desiccated coconut, marmalade, chocolate gingers, spun sugar, crème brûlée and honeysuckle. The palate offered peppery jamon Serrano, cough syrup, dark wheat beer (Dunkelweizen), sticky toffee pudding, orange zest and bitter chocolate. The reduced nose had heavy fruit cake, black bun, rye bread, amontillado and an apothecary’s counter – one panellist remembered his childhood bogie cart (wood, carpet, grease). The palate now seemed to us sweeter, richer and spicier – developing custard, liquorice and rolled Japanese omelettes with hoisin sauce.

Price(価格)

¥10,000

プリントアウト用PDF

77.43.pdf PDF

リストへ戻る