The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

76.70

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

15

Alc.%

59.0

Cask Type(樽の種類)

Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1994/05

Outturn(ボトリング本数)

627

Release(リリース日)

2010 Summer

 

 

Title(題)

天使の嘆き Angels would weep

コメント

この香りは、驚くほどまったりと甘い(濃色のチェリー、マディラ酒、エスプレッソカップの底に残る少量のブラウンシュガー)。あるパネリストは、砂丘を取り囲む松のたき火とそれとは別にオレンジのアイスキャンディーをみつけている。驚くほどすばらしい口当たりは、イチジクやレーズン、ナツメヤシ、糖蜜とキャラメルがかかったバノフィーパイなど、洪水のように押し寄せてくるそれぞれの味が調和する。加水後の香りは、バニラシュガー、アロマオイル(メンソール、オレンジ、ゼラニュームの葉)とお香やプラスカーデン アビーの香り(モルトマイスターによるが、誰も知らない)。加水後の味は、複雑と同時に本当にすばらしい―バラの花びら、コショウとメープルシロップ味のトフィー―天使が嘆くかもしれない。ダフタウンで最初の蒸溜所。

Comment

This nose had a wonderful weighty sweetness (darkest cherries, Madeira wine, brown sugar dregs in an espresso cup). One panellist identified a pinewood bonfire among sand dunes and another orange ice-lolly sticks. The incredible mouth-feel was matched by flooding flavours of figs, raisins, dates, treacle and caramelised banoffee pie. The reduced nose had vanilla sugar, aromatic oils (menthol, orange, geranium leaf) and incense from Pluscarden Abbey (according to the Malt-meister, who knows). The reduced palate was indeed heavenly, as well as complex - toffee with rose petals, pepper and maple syrup - angels would weep. The distillery was the first in Dufftown.

Price(価格)

¥9,000

プリントアウト用PDF

76.70.pdf PDF

リストへ戻る