The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

76.106

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

25

Alc.%

53.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1987/10

Outturn(ボトリング本数)

214

Release(リリース日)

2013/12

 

 

Title(題)

風味の世界巡り A world of flavours

コメント

香り - 教会の窓の下にはスエードとレザーの靴が入った木の箱があった。教会はクォリティ・ストリート(トフィ・ペニー、オレンジクリーム)のパン屋(ジンジャーブレッド、シナモン・ロール)とレストラン(ガモンステーキ、ビーフシチュー)の間にあった。
加水すると、ミントとメンソールで鼻腔がすっきりし、グランマルニエと日焼けローションがバカンスを想起させる。味 - 私たちは風味の世界を巡る旅をした - ロシアン・キャラメル、モロッコ皮、フランスの緑色の妖精(アブサン)がフォックス氷河の周りを飛び、インドネシア産クローブがセビリアオレンジに刺さった。そしてクロスグリと古い干し草も見つけてから、ポンテフラクトのリコリスの野原で終わる。
ダフタウン最初の蒸溜所から。

Comment

Nose – under a church window was a wooden box containing suede and leather shoes. The church was in Quality Street (toffee pennies, orange creams) between a bakery (gingerbread, cinnamon swirls) and a restaurant (gammon steaks, beef stew).
With water, mint and menthol cleared the sinuses; Gran Marnier and suntan lotion evoked holidays. Palate – we took a journey through a world of flavours – Russian caramels, Moroccan leather, French green fairies (absinthe) fluttering round Fox's Glaciers and Indonesian cloves poked into Seville oranges. We also found blackcurrant and old hay before finishing up in the liquorice fields of Pontefract.
From Dufftown's first distillery.

Price(価格)

¥14,500

プリントアウト用PDF

76.106.pdf PDF

リストへ戻る