The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

73.47

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

12

Alc.%

57.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1999/05

Outturn(ボトリング本数)

221

Release(リリース日)

2012/5

 

 

Title(題)

甘くスパイシーな香りの世界 A land of sweet and spicy fragrance

コメント

パネリストは、自己主張は控えめだけど人を引きつける香りだと感じる。―ペンキ塗りたての歯科待合室の向こうにある、甘くスパイシーな香りの世界―ジンジャー、ナツメグとクローブ、トフィー、レーズンとクロワッサン、バナナ、オレンジ、バルサミコ、シガーとコニャック。
加水すると、アップルサイダー、洗いたての洗濯物、レモンバームとレモン味の大麦湯が香る。蜂蜜のたっぷり入ったリンディスミード(蜂蜜酒)のこの上もなくすばらしい甘味とともに、塩漬けのビーフ、プリッツェル、グラッパのような生き生きとした味の印象も受ける。加水すると甘さは持続され、ペパーミントとレモン味のホットトディがあらわれる。フィニッシュは、リコリス味のキャンディの詰め合わせ―実に口当たりが良い。
蒸溜所の名は、‘大きな小川’を意味する。
カラー ピノ・グリージョ(0.5)
ソサエティ日本支部の一言【 レーズンパンやチョコチップ。甘く複雑な味わい。】

Comment

Our panellists found the nose attractive, though quietly assertive – beyond a freshly-painted dentist’s waiting room, was a land of sweet and spicy fragrance – ginger, nutmeg and clove, toffee, raisins and croissants, banana, orange, balsamico, cigars and cognac. Water added apple cider, fresh laundry, lemon balm and lemon barley water. The palate bestowed superb, exquisite sweetness, like heavily honeyed Lindisfarne mead, but also some lively taste impressions of salted beef, pretzels and grappa. With water, sweetness persisted, but we now discovered spearmint and lemony hot toddy with liquorice allsorts on the finish – very quaffable indeed.
The distillery name means ‘big stream’.
Colour – Pinot Grigio(0.5)

Price(価格)

¥7,000

プリントアウト用PDF

73.47.pdf PDF

リストへ戻る