The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

73.42

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

28

Alc.%

51.1

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1982

Outturn(ボトリング本数)

181

Release(リリース日)

2011/07

 

 

Title(題)

ディーバのドレッシングルーム The Diva’s Dressing Room

コメント

ふくよかで生き生きとした、外向的な香り。最初に思い浮かぶ香りは、ムスクが香るウッドパネルの劇場、メタルポリッシュ、次に干しブドウのような味に深みのあるフルーツ、糖蜜、ナツメヤシへと続きさらに、モカチョコレートの箱、マカデミアナッツ味のバターキャンディが香る。
味は濃厚で、舌鼓を打つほどの美味しさが口の中に広がる。アップルパイ、マディラケーキ(カステラの一種)、チェリーリップス、バニラマドレーヌが伴う。
加水後はローズの花の香り、長年使用している化粧カバンとスパイス―シナモンラテとジンジャービスケットも香る。
加水後の味は甘くフルーティーで優雅、泡立つラテの口当たり。さらに、種あり黒ブドウ入りリンゴとチェリーのタルトの味がする。
このスペイサイド東部にある蒸溜所は、1950年代に他の蒸溜所より先立って、マッシュタンの搾りカスなど廃材・廃液を動物の飼料として利用する新しい試みをしたパイオニアである。
カラー: 最も深い琥珀色(1.1)
ソサエティ日本支部の一言【甘い優雅なハチミツとツヤのある樽香、清潔なリネン、熟したリンゴとビターチョコが複雑に絡む。】

Comment

A rich, lively and extrovert nose. First thoughts of a wood-panelled theatre with musky perfume and metal polish, followed by deep fruitiness of raisins, treacle and dates; a box of mocha chocolates and macadamia nut brittle. The palate was rich, lip-smacking and mouth-filling with baked apple pie, Madeira cake, cherry lips and vanilla madeleines. The reduced nose was floral with roses, an old make-up bag and spices – cinnamon latte and ginger biscuits. The reduced palate was sweet, fruity and elegant with the texture of a frothy latte; apple and cherry tart with seeded black grapes. This Eastern Speyside distillery performed pioneering experiments in the 1950s leading to distillery waste being used for animal feed.
Colour – deepest amber(1.1)

Price(価格)

¥16,000

プリントアウト用PDF

73.42.pdf PDF

リストへ戻る