The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

73.34

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

16

Alc.%

58.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1992/03

Outturn(ボトリング本数)

218

Release(リリース日)

2009 Summer

 

 

Title(題)

見事に集約、そして“エンジン全開!” Beautifully integrated and `Full on!`

コメント

The Whisky-hound(ウイスキー ハウンド)が言うことには、「もうついていけない。あまりにも変化し続けているので。」高価なフローラル系香水、トフィー、多量のフルーツ(モモ、洋ナシ、マンゴ、キウイ、ブラッドオレンジ、サングリア)が現れる。The Malt-meister(モルト マイスター)はその味を、“エンジン全開!”と呼んだ。甘く、うまみがあり、舌鼓を打つほどおいしく、贅沢。フィニッシュには、ダークチョコレート、マイルドな唐辛子の辛さ、そして、樹液。水を加えると、ジンジャー・、メンソール、スペアミントのチューイングガムとともに、ピンクグレープフルーツと乾燥バナナの香りが現れる。加水後の味は、シロップのような甘さとピリッとした強い舌への刺激とが、見事に集約されるが、ボディには、まだなお品位が保たれている。蒸溜所は、キースとバッキーの間の路上にある。

Comment

The Whisky-hound said, `I can't keep up with it - it's changing so much!` We found expensive floral perfume, toffee and loads of fruit (peaches, pears, mango, kiwi, blood oranges, sangria). The Malt-meister called the taste `Full on!` It was sweet, chewy, lip-smacking and luxurious, with flavours of dark chocolate, mild chilli heat and wood sap in the finish. Water added pink grapefruit and dried bananas to the nose, along with ginger, menthol and spearmint chewing gum. The reduced palate beautifully integrated syrupy sweetness with taut tanginess; the body still decent. The distillery is on the road between Keith and Buckie.

Price(価格)

¥9,000

プリントアウト用PDF

73.34.pdf PDF

リストへ戻る