The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

7.135

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

11

Alc.%

60.7

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2004/09

Outturn(ボトリング本数)

198

Release(リリース日)

2017/3

 

 

Title(題)

フルーティでジューシーでエキゾチック Fruity, juicy and exotic

コメント

香りはソフトで軽い芳香を放ち、ドライフルーツ(マンゴー、バナナ、ココナッツ)、レモンパフ、ライム味「スターバースト・キャンディ」、チェリー味「リフレッシャーズ」が感じられた。メンソール、シナモン、ドライクリーニングした女性用コートも微かに。
味は実にフルーティでジューシーでエキゾチック − しかし、ビターチョコレート、生姜、シナモンビスケット、コーヒー豆でバランスが取れ、興味深くなっていた − ほとんど薬のよう。
加水した香りは魅力的で、統合され、控えめだった − 刺激的なブラックカラント味「レムシップ風邪薬」と淡いバニラ。その味はさらに好奇心をかきたてた − 木のカップに入れたフルーツティー。メンソールのタバコと香りを付けた木材が現れ始め、口中を覆う快い質感。

Comment

Soft and lightly perfumed, the nose suggested dried mango, banana and coconut, lemon puffs, lime starburst and cherry refreshers; also hints of menthol, cinnamon and a dry-cleaned lady’s coat.
The palate was very fruity, juicy and exotic – cherry, kumquat, blackcurrant and rhubarb – but balanced and made interesting by darker flavours of bitter chocolate, ginger, cinnamon biscuits and coffee beans – almost medicinal.
The reduced nose was attractive, integrated and understated – tangy blackcurrant Lemsip and light vanilla. The palate now became more intriguing – fruit tea in a wooden cup; menthol tobacco and perfumed wood starting to emerge – and the texture mouth-coating and pleasing.

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

7.135.pdf PDF

リストへ戻る