The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

7.117

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

24

Alc.%

55.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1990/06

Outturn(ボトリング本数)

244

Release(リリース日)

2015/8

 

 

Title(題)

口中を覆って、粘り気があり、重い Mouth-coating, viscous and weighty

コメント

香りには土っぽい魅力があった –
ガリバルディ・ビスケット、ピーナッツ・クッキー、パンプキンシードオイル、シンダートフィー、炒ったココナツ、ココアパウダーを振ったカプチーノの全てが挙がった。
加水すると、バニラ、ストロープワッフル、ゴールデンシロップ、亜麻仁油が現れた − 微かな薬っぽいノートさえも。味には何やら対立するところがあった – トリークルのような、粘り気のある要素が口中を覆って重みがあり(マヌカ蜂蜜、モルトエキス、カラメル、ドライローストピーナッツ、フェンネルシード)、一方にはスイカ、リンゴ、クエン酸、炭酸ジュースの要素もある。
加水すると、味にはコショウ、アーモンド、生姜、ココナツのウッディさ、赤砂糖とヌガーの甘さ、そして快活なレモンゼストが織りなす愉快なバランスがあった。

Comment

The nose had an earthy attractiveness – garibaldi biscuits, peanut cookies, pumpkin seed oil, cinder toffee, toasted coconut and dusted cappuccinos were all mentioned.
With water, we found vanilla, stroop waffles, golden syrup and linseed oil – even a slight medicinal note. The palate contained something of a dichotomy – treacly, viscous elements were mouth-coating and weighty (manuka, malt extract, caramel, dry roasted peanuts, fennel seeds) – but it also had a watermelon, apple, citric and Shloer juice fizz going on.
In reduction, the palate found a pleasing balance between pepper, almond, ginger and coconut woodiness, brown sugar and nougat sweetness and zingy lemon zest.

Price(価格)

¥17,000

プリントアウト用PDF

7.117.pdf PDF

リストへ戻る