The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

66.61

Region(エリア)

Highland

Age(熟成年)

33

Alc.%

57.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2002/10

Outturn(ボトリング本数)

211

Release(リリース日)

2015/2

 

 

Title(題)

異端審問ウイスキー Inquisition whisky

コメント

香りは魅惑的でエキサイティングだった – フローラルなフルーティさ(エディンバラ・ロック、サマークリームズ・キャンディ)とヒースの蜂蜜がリコリス、フェンネル、絆創膏、貝殻、そして天日干しの魚と対決した。
加水すると、本来の美味しそうな風味が強くなった – 五香粉でローストした豚バラ肉とカリカリのメープルシロップ漬けベーコン。味は満足のゆく大きさ – 本当に舌が引っ張られるような、まるで中世の「異端教徒審問ウイスキー」だ – フェンネルシード入りサラミとブラッディメリーに入れた唐辛子フレークの風味を伴う – 金属的だが、悪い意味ではない – 肉っぽく、塩辛く、スパイシーでありながら、同時にフローラル(ピートに埋められた異国風な花の茎?)。
我々は炭火焼きのプリンセスを食した後のドラゴンみたいに、無作法に舌鼓を打ちながらこの周りに座っていた。

Comment

The nose was fascinating and exciting – floral fruitiness (Edinburgh Rock, summer creams) and heather honey faced off liquorice, fennel, elastoplasts, shells and sun-dried fish. Its inherent savouriness increased with water – belly pork roasted in five spice powder and crispy maple-cured bacon.
The palate was satisfyingly big – real tongue-pulling, ‘Inquisition whisky’ – with flavours of fennel seed salami and chilli flakes in a Bloody Mary – metallic, but not in a bad way – meaty, salty and spicy yet also floral (exotic flowers-stems buried in the peat?).
We sat around smacking our lips naughtily, like dragons after a char-grilled princess buffet.

Price(価格)

¥9,000

プリントアウト用PDF

66.61.pdf PDF

リストへ戻る