The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

66.27

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

23

Alc.%

52.3

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1985/03

Outturn(ボトリング本数)

340

Release(リリース日)

2008 Winter

 

 

Title(題)

美食家のドラム A foodie dram

コメント

パネリスト全員がこのウィスキーに期待するあまりよだれをたらした。「美食家の
ドラム」と言えよう。香はゴールデンシロップ、レーズン、ドライパイナップル、ココナッツ(様々な残香)、さらにスモークハム、バーベキューしたエビ。パネルはさらに続ける。「チュニジアのラムやレーゾンクスクス」、「ウサギとプルーン」「ブラウンシュガーと甘い醤油に漬けたサーモン」「蜂蜜とバナナトースト」。味は辛く、スパイシー、塩気があり、ヴィクトリー・V’sやわさびのついた照り焼きのようだ。加水すると香は紅茶ケーキからパエリアまで様々なものを感じ、味は素晴らしく滑らかでまとまりがある。女性のシェフはエクスタシーの中にいた。Kennethmont付近で蒸留された。

Comment

This whisky had the whole Panel salivating - it seemed such a “foodie dram”. The nose suggested Golden Syrup, raisins, dried pineapple and coconut (trail mix?); also smoked ham and barbequed prawns. Then the Panel got carried away - “Tunisian lamb and raisin couscous”, “rabbit and prunes”, “salmon cured in sweet soy sauce and brown sugar”, “honey and banana toast”. The palate was hot, spicy and salty, like Victory V’s or wasabi and teriyaki. The reduced nose had everything from Tea Cakes to paella and the reduced palate exquisitely smooth and integrated. The lady-chef was in ecstasy. It was distilled near Kennethmont.

Price(価格)

¥14,000

プリントアウト用PDF

66.27.pdf PDF

リストへ戻る