The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

64.35

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

21

Alc.%

55.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1990/02

Outturn(ボトリング本数)

208

Release(リリース日)

2012/5

 

 

Title(題)

優等生的なほど、甘くスパイシー Nicey, nicey, sweet‘n spicy

コメント

香りが、細かく幾重にも折り重なる―最上層に、古風で高価な花の香り。次に、アップルソースとグースベリーピューレ、その下にフルーツキャンディの缶―香りの感覚の下層には、エナメル革と古書の匂い。味は、甘くて辛い―トムヤムスープのたまねぎ、マンゴーチャツネ、HPソース(英国のブラウンソース)、唐辛子、砂糖漬けのジンジャー、レザー。加水後は、花の香りのポプリ、プラムチャツネ、上品な白檀、インド料理(ジンジャー、パプリカ他)の香りがする。加水後の味はさらによくなるが、甘く食欲をそそる面はしっかりと残る―トフィー、蜂蜜、砂糖がけのフェンネルの種、リコリスと塩味のきいたライムのピクルス。
この蒸溜所は、ロッホ デューから水を引いていない。
カラーきらめくゴールド(0.6)
ソサエティ日本支部の一言【スミレの花や完熟バナナの香り。ショウガやミックスドロップ。甘くスパイシー。】

Comment

The nose was finely layered – old-fashioned, expensive, floral perfume on top; apple sauce, gooseberry purée and a tin of fruity boiled sweets below that; the olfactory sub-strata inhabited by patent leather and old books. The taste was sweet and hot – opinions included tom yam soup, mango chutney, H P Sauce, chilli, crystallised ginger and leather. The reduced nose added floral pot-pourri, plum chutney, polished sandalwood and Indian food (ginger, paprika, etc.). The palate improved but the sweet and savoury profile remained steady – toffee, honey, sugar-coated fennel seeds, liquorice and salty lime pickle.
This distillery does not draw water from Loch Dhu!
Colour – twinkly gold(0.6)

Price(価格)

¥12,000

プリントアウト用PDF

64.35.pdf PDF

リストへ戻る