The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

55.35

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

18

Alc.%

55.3

Cask Type(樽の種類)

2nd Fill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1997/09

Outturn(ボトリング本数)

228

Release(リリース日)

2016/8

 

 

Title(題)

温かく、愉快 Warming and delightful

コメント

2nd fill Sauternes hogshead熟成
リフィルのホグスヘッドで17年、それからソーテルヌ・カスクで仕上げたその香りは、べとつくフラップジャック、蜂蜜とバターを付けたダイジェスティブビスケットで始まり、バタースコッチ、トフィー、ホワイトチョコレートへと展開した − 磨かれたオークと黒胡椒が常に近くに感じられた。味にはトフィー、チョコレート、柔らかい乾燥フルーツ、しかし胡椒と木材が温かな充足感を醸し出していた。
加水した香りにはオークの上の蜂蜜、木の引き出しに隠したチョコレート、乾燥クランベリー、そしてトーストしてバターを塗ったクランペットにのせたラズベリージャムがあった。その味は、ひとりのパネリストが「甘く、温かく、愉快」と描写した – ヨーグルトでコーティングしたラズベリー、「クランチー」バー、ショートブレッド、ダークチョコレート。

Comment

Seventeen years in a refill hoggie, then finished in a Sauternes cask – the nose started with syrupy flapjacks and honey and butter on digestives – developing into butterscotch, toffee and white chocolate; polished oak and black pepper never far away. The palate had toffee, chocolate and soft dried fruits but pepper and wood created a warm contented glow.
The reduced nose found honey on oak, a chocolate stash in a wooden drawer, dried cranberries and raspberry jam on buttered toasted crumpets. The palate was described by one panellist as ‘sweet, warming and delightful’ – yoghurt-coated raspberries, Crunchie bars, shortbread and dark chocolate.

Price(価格)

¥13,500

プリントアウト用PDF

55.35.pdf PDF

リストへ戻る