The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

53.189

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

17

Alc.%

57.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1995

Outturn(ボトリング本数)

263

Release(リリース日)

2013/6

 

 

Title(題)

海辺のキャンプファイヤー・ピクニック Seaside campfire picnic

コメント

目を閉じるとリンゴの木の焚き火から漂ってくる煙と清潔な病院の制服が現れた;辛口(リッツクラッカー)と甘口(塩キャラメル、「クランチー」バー、ヌガー、クリームソーダ、ハニーカムクランチ・アイスクリーム)が融合した。味にもキャンプファイヤーの気配が続いた;深い煙、焦げたライム、灰、ホットドッグ、ハラペーニョのピクルスを散らしたベーコンステーキ;総体的な甘さが基調を維持している。加水すると香りは辛口に傾く − 「ブラニガンズ」ローストビーフ/マスタード味ポテトチップス、ガーキンピクルス、スイートコーンのピクルス − すべて海辺で。味は確実にグルメだった − 綿菓子、ルーベンサンドイッチ、麦芽パン、スモークサーモン、そしてラプサン・スーチョン。「アイラ島の響き」はキャンプファイヤーのパチパチという音だ。

カラー : アップルジュース(0.1)

ザ・ソサエティ日本支部の一言
【焼きリンゴのアロマキャンドル。ライムのピクルスを連想させる酸味やしょっぱさ。フィニッシュはドライで穏やかなスモークが残る。】

Comment

Closing our eyes we found drifting smoke from apple-wood fires and clean hospital uniforms; savoury (Ritz crackers) elided into sweet (salty caramel, Crunchie bars, nougat, Cream Soda and honeycomb crunch ice-cream. Campfire notions continued on the palate; deep smoke, burnt lime, ash, hot dogs and bacon steaks garnished with pickled jalapenos; generic sweetness holding the line. The reduced nose leaned more to the savoury – Brannigans beef and mustard crisps, cornichons and sweet-corn relish – all by the seaside. The palate was definitely foodie – cotton candy, Reuben sandwich, malt loaf, smoked salmon and lapsang souchong. The ‘sound of Islay' is a campfire crackle.

Colour : Apple juice

Price(価格)

¥10,500

プリントアウト用PDF

53.189.pdf PDF

リストへ戻る