The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

53.140

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

18

Alc.%

55.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1992/04

Outturn(ボトリング本数)

269

Release(リリース日)

2010 Autumn

 

 

Title(題)

せり上がり、砕け散るフレーバーの波 Swelling, crashing waves of flavour

コメント

心くすぐる香りは、穏やかな香りの香水、アイスクリームの中の砂糖漬けのアンジェリカ、レモンとライム。その反面としてコールタール石鹸、ジャーモリーン(消毒軟膏)、スモーク、海水も香る。せり上がり、砕け散るフレーバーの波は、味覚の方に強くあらわれる。スモーク、タール、甘草のキャンディーの詰め合わせ、ポップコーンの殻、フィッシャーマンズ フレンズ、さらに、レモン、ミント、干草が多少加わり、甘めのあと味(糖衣のかかったフェンネルシード)で締めくくる。加水後の香りは、シャンプーや靴磨き、渋い樹皮のアロマと結びつき、さらに柑橘系の鋭さが増す。加水後の味は、革・乾いた草・カンゾウ味のジェリービーンズ、そして、甘く軽いスモークの螺旋が終わりなく続く。アイラ島最大の蒸溜所からの出品。 カラー-樹皮をむいた小枝  ■ソサエティ日本支部の一言 【砂浜の焚き火を海水で火を消したよう。全体にバナナが漂う】

Comment

The teasing side of the nose had light perfume fragrances, candied angelica in ice-cream and lemon and lime; the other side had coal tar soap, Germolene, smoke and sea-water. Swelling, crashing waves of flavour pounded the palate - smoke, tar, liquorice allsorts, popcorn husks and Fisherman’s Friends; also some lemon, mint and hay, with a sweetish finish (sugar-coated fennel seeds). The reduced nose had even more citric sharpness, joined by shampoo, shoe polish and astringent bark aromas. The reduced palate had leather, dry grass and liquorice-flavoured jelly beans with endless whorls of sweet light smoke. From the biggest distillery on Islay. Colour - peeled twigs

Price(価格)

¥10,500

プリントアウト用PDF

53.140.pdf PDF

リストへ戻る