The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

53.133

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

19

Alc.%

55.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1989/12

Outturn(ボトリング本数)

267

Release(リリース日)

2009 Winter

 

 

Title(題)

馬の病院のハエ捕り紙 Fly papers in a horse hospital

コメント

香りの主な特徴は、肉の香味(ガモン〈後足部・腹下部のベーコン用豚肉〉、ビーフジャーキー、スペック〈シカ肉などの味付け用ベーコン〉)。あるパネリストは、バターで調理したキッパーとオークを使ってスモークしたチーズを感じる。樹液、炭塵、ハエ捕り紙についても触れる。味には、ハムや骨髄とともに、バーベキューソース味の焦げ目のついたリブが現れる。灰、コカコーラ、馬の塗布薬(オーストラリア人は、馬用の塗り薬ついての知識がある)が、奇妙で複雑な組み合わせを完成させる。加水後の香りはオリエンタル、甘味のあるライスペーパーやタイガーブレッド〈米粉の生地を被ったパン〉、オイスターソースやエビトーストが感じられる。味は、濃厚なチョコレートと白胡椒を伴い、甘さと肉の風味、そしてスモーキーさを感じる。この蒸溜所の熟成は、島から離れたところで行われる。

Comment

The main nose character was meatiness (gammon, beef jerky, speck) but some panellists found buttered kippers and oak-smoked cheese. Tree sap, coal dust and fly paper were also mentioned. Charred ribs with BBQ sauce appeared on the palate, along with ham and bone marrow. Ash, coca cola and horse liniment (the Australian knows about equine horse rubs) completed an unusual and complex combination. The reduced nose seemed oriental, with sweet rice paper, tiger bread, oyster sauce and prawn toast. The taste became sweet, meaty and smoky, with rich chocolate and white pepper. The distillery matures its spirit off the island. Colour - barley fields in sunshine

Price(価格)

¥11,000

プリントアウト用PDF

53.133.pdf PDF

リストへ戻る