The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

53.130

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

9

Alc.%

68.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1999/11

Outturn(ボトリング本数)

301

Release(リリース日)

2009/ 05

 

 

Title(題)

炭塵爆発と空飛ぶ円盤 Explosion of coal-dust and flying saucers

コメント

パネルは、その香りに興味をそそられた。肉らしさ(カラメル糖で料理したポークリブ、そのパリパリした皮、カリカリベーコン)、レモン、塩、石炭庫、港に停泊中の燃料と使い果たした船の匂いとが、混ざり合っている。生のままの味は、あまりにも荒々しい-抜歯、甘いスモークの香る炭塵爆発と空飛ぶ円盤-“口内爆弾”とThe Whisky-scientist(ウイスキーサイエンティスト)が言った。加水すると、肉の匂いが薄れて、オレンジ、タール、燻したアーモンドの香りが現れ、のちに、咳止めドロップが展開する。加水によって、鋲留めブーツから破裂するように発せられるような味も薄められ、代わって、苦みばしったレモン、焦がした砂糖、焼いたバナナ、シナモン-甘く、辛口で、豪華な風味が導かれる。蒸溜所は、アスケイグ港の近くに位置する。
カラー:シャルドネ
■ソサエティ日本支部の一言【クリーミー、モルティー&ピーティーで甘口。68%の度数をまったく感じさせないほど口当りは優しく、程よくオイリーでピートとレモンキャンディーのフレーバーです。9年としては余韻も長く完成度の高いカリラで、コストパフォーマンス高。】2009/ 05 Release

Comment

We were intrigued by the nose, with its combination of meatiness (caramelised pork ribs, crackling, bacon crisps) lemon and salt, coal cellars and “boat exhausts in a harbour”. The unreduced palate was almost too fierce – a tooth-stripping, sweet-smoke explosion of coal-dust and flying saucers – “a bomb in the mouth” said the Whisky-scientist. With water, the nose was less meaty, with orange, tar and smoked almonds, developing later to cough lozenges. Water lightened the palate from explosives to tackety boots; loads of flavour – bitter lemon, burnt sugar, seared bananas and cinnamon – sweet, dry and gorgeous. The distillery lies near Port Askaig.
Colour:chardonnay 2009/ 05 Release

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

53.130.pdf PDF

リストへ戻る