The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

53.127

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

19

Alc.%

55.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1989/12

Outturn(ボトリング本数)

281

Release(リリース日)

2009 Spring

 

 

Title(題)

木が包み込むモルト When wood embraced malt…

コメント

香りは夏のアイラの草で覆われた丘を思い起こさせるが、ランやどこからかやってきた杉の香木、ファッジ、タールなどを感じる。味わいはかなりスモーキーで、メイプルの甘さを感じる。さくさくと歯切れよく塩気のあるベーコンや燃やした木。落ち着きのあったパネルを動揺させる!短時間の混乱を引き起こす。加水後は柑橘系が香り立ち、バタースコッチ、ワックスをかけたジャケットやバニラを感じる。「素晴らしい!」ツアーガイドが叫ぶ。テイストは加水すると少し落ち着きウイスキーの科学者はシロップを感じた。あまりないモルトとウッドのマリッジがこのような秀逸なウイスキーを生み出した。ジュラに最も近いアイラ島の蒸溜所。大変な一日または困難な仕事を成し終えた後のご褒美に最高。カラー:アプリコットゴールド ■ソサエティ日本支部の一言【ザラメの付いたカリカリアーモンド、ふんわりとしたスモーク】2009 Spring Release

Comment

The nose evoked the grassy hills of summer Islay , but also orchid and scented cedar from somewhere else entirely; fudge and tar completed the scenario. The Palate was hugely smoky , with maple sweetness , crispy , salty bacon and burnt wood. The panel's composure was rocked ! Anarchy briefly reigned. The reduced nose displayed aromatic citrus and butterscotch, waxed jackets and vanilla. "Fab ! " exclaimed the tour-guide. The taste calmed down slightly with water and the whisky-scientist found a hint of syrop de menthe. Seldom does the marriage of malt and wood produce such beautiful offspring. This is the closest Islay distillery to Jura. Colour:apricot gold

Price(価格)

¥10,000

プリントアウト用PDF

53.127.pdf PDF

リストへ戻る