The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

5.34

Region(エリア)

Lowland

Age(熟成年)

13

Alc.%

60.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1999/03

Outturn(ボトリング本数)

283

Release(リリース日)

2012/10

 

 

Title(題)

じっとしていられないカメレオン A chameleon that can’t sit still

コメント

香りは興味深い ― 千変万化のカメレオン。未熟で新鮮な要素(青リンゴ、グースベリー、白ワイン、イチゴ)から始まって、やがてかすかに八角が香る照り焼きチキンのような甘く食欲をそそる特徴が勝る。
加水後の香りは、洗濯されたリネンやラベンダーのような新鮮さがほのめかされ、やがてトフィーとカスタードの甘さがさらにはっきりと示される。味も、ひとところにとどまらない ― スロージンとブルーベリー、木串に刺し甘辛い海鮮醤を付けた肉(軽く焦げている)― やがてコショウのフィニシュ。
おもしろい! 加水によって味が焦げたトフィー、ブールノアゼットや糖蜜のスコーンへと移り変わる。
蒸溜所はアースキン橋の近く。
カラー: 青白い星の金色 (0.3)
ソサエティ日本支部の一言 【摘みたてのフレッシュな野いちごと群生する花。旨みのあるブイヨンソースに爽やかなミントの風味。フィニッシュにかけてバーナーで炙ったザラメの香ばしさが現れる。】

Comment

The nose was interesting – an ever-changing chameleon that started with young, fresh elements (green apple, gooseberry, white wine, strawberry) before sweet/savoury characters took over – like teriyaki chicken with hints of star anise. On the reduced nose the freshness whispered laundered linen and lavender and the sweetness became more pronounced – toffee and custard. The palate didn’t sit still either – sloe gin and blueberries, meat cooked on (lightly burnt) wooden skewers with sweet/salty hoi sin sauce – then a peppery finish. We thought it fun! Water shifted the taste to burnt toffee, beurre noisette and treacle scones. The distillery is near the Erskine Bridge.
Colour – pale astral gold (0.3)

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

5.34.pdf PDF

リストへ戻る