The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

48.26

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

23

Alc.%

50.5

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1988/03

Outturn(ボトリング本数)

291

Release(リリース日)

2011 Life NOV.

 

 

Title(題)

晩夏、野草の茂る庭園で In a wild garden, late summer

コメント

「キノコ栽培キット(袋)」がその奥にある、土っぽさを伴いながら、はっきりとした花の香り(ジャスミンやライラック)で始まる。我たちは野草の生い茂る庭園を思い浮かべたが、レモンシャーベットの出現でその強い香りもバランスを保たれている。この柑橘系の香りは、かすかなパプリカを伴って甘味をも変化させる。フレッシュで、加水によりよりスペイサイドらしくなるが、まだ土っぽく、くすぶる落ち葉のほのかな香り、そして「レモンの香りのする柔軟剤」のさわやかな香り。
味は柔らかく、甘くて飲みやすい。丸みを帯びた中核にある味は、程よい長さのフィニッシュの「黒コショウ入りの潰したイチゴ」。この人里離れた地にある蒸溜所では、1960年スコットランドの独立を目指したジャコバイト軍がイングランド軍に最後まで抵抗したホーズ・オブ・クロムデイルの台地を見渡せる。現在ではオフィシャルボトルの生産はされていない。色:淡い琥珀、シャンパンの気泡 (0.6)
ソサエティ日本支部の一言【麦芽糖、トースティなクッキーアップルパイや洋ナシ。綿菓子とその棒。素直なウッドの中に微かに白コショウ。甘くモルティで好印象。】

Comment

Distinctly floral to start – jasmine, lilac – with earthy, ‘mushroom grow-bag’ notes behind. We were reminded of a wild garden, but the heavy scents balanced by emerging lemon sherbets – and this citric note also modifies the sweet taste, with traces of paprika. Fresher and more Speyside-like with water, but still earthy, with a whiff of smouldering leaves, and a fresh note of ‘lemon-scented fabric-softener’. The taste is soft, sweet and quaffable; rounded and centre-palate – ‘mashed strawberries with black pepper’- with a medium length finish. This remote distillery overlooks the Haughs of Cromdale, where once a battle was fought, and its make is not currently bottled by its owner.
Colour: Pale amber; mousseaux beads(0.6)

Price(価格)

¥14,400

プリントアウト用PDF

48.26.pdf PDF

リストへ戻る