The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

46.39

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

23

Alc.%

59.0

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1992/11

Outturn(ボトリング本数)

240

Release(リリース日)

2016/11

 

 

Title(題)

コンチネンタル・ブレックファースト Continental breakfast

コメント

軽く鼻を刺すが、過度に鋭くはない。アップルタルト、パイナップル、デニッシュペストリー。アーモンドプラリネ。挽いたペカンナッツ。新鮮な木材の底部(組み立て式の家具)。それから「タブレット」 – バターたっぷりで甘く、固まる前の。味は甘いが驚くほどスパイシー – チリ、シナモン、ショウガ – 「派手な色のインドのお菓子」のよう。水を1滴垂らすと、先ず蝋っぽい香り(家具の磨き剤)が現れ、次いで甘さが戻ってくる – 蜂蜜レモン(「ロケッツ」喉飴の中身)、トルコのバクラヴァ(蜂蜜、ナッツ、バター豊富なフィロ生地のペストリー)、砂糖煮のアンズでグレージングしたスティッキー・ティーケーキ、ホットクロス・バン。加水した味は香りと同じだが、それほど甘くスパイシーではない。

Comment

Light nose-prickle, but not too sharp. Apple tart, pineapple and Danish pastries; almond praline; ground pecan nuts; a base of fresh wood (flat-pack furniture). Then tablet – buttery and sweet, before it sets hard. The taste is sweet but surprisingly spicy – chilli, cinnamon, ginger – like ‘garish-coloured Indian sweeties’. At first a drop of water introduces a waxy note (furniture polish), then the sweetness returns – lemon honey (from the centre of a Lockett throat sweet), Turkish baklava (honey, nuts, buttery filo pastry), sticky tea-cake with an apricot glaze, hot cross bun. At reduced strength, it tastes as it noses, although not so sweet and spicy.

Price(価格)

¥17,000

プリントアウト用PDF

46.39.pdf PDF

リストへ戻る