The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

45.25

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

33

Alc.%

48.3

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1975/08

Outturn(ボトリング本数)

176

Release(リリース日)

2008 Winter

 

 

Title(題)

蜂の一刺し The sting of a bee

コメント

夏の夜に庭を散歩しているような酔いを感じる香、パフューム香、フローラル、リッチさを感じる。蜂蜜がその香の特徴の大半を占め、カラメルの甘さも微かに感じる。加水すると香は全てトゥッティーのフルーツ、ストロベリー、クランベリー、ブラックベリーを感じ、それはフローラルというよりはフルーティーさの方が強い。味は潜水艦のように、リッチでどっしりとした蜂蜜、新鮮な煙草のひりひり感がある。水を1滴加水することで、生々しい皮、栗の味がする。パネリスト全員がこのところ飲んだウィスキーの中でも最高だと思った。随分前に失われた蒸留所のこのウィスキーをまだ飲んだことがなければ、これを試して欲しい。

Comment

Like walking through the garden on a summer evening the nose is heady, perfumed, floral and rich. Honey was the dominant character on the nose with a hint of caramel sweetness. With water the nose was over all tutti fruitti - strawberries, cranberries and blackberries, it was more fruity than floral. The taste was sublime - rich, thick honey with a fresh tobacco sting. Adding only a drop of water there was fresh leather and chestnuts on the palate. Everybody on the Panel thought this was one of the best whiskies they have had in some time. If you haven't had an opportunity to taste a whisky from this long gone distillery then try this one.

Price(価格)

¥20,500

プリントアウト用PDF

45.25.pdf PDF

リストへ戻る