The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

44.56

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

23

Alc.%

51.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1989/10

Outturn(ボトリング本数)

300

Release(リリース日)

2013/3

 

 

Title(題)

甘味と酸味で生み出される緊張感 Atlantis treasure trove

コメント

香りで、大量の蜂蜜、マシュマロの山、膨大なバニラ、さらに夏のバーベキュー(黒焦げのリブ、サラダ、レモン、バルサミコ酢、樹液、芝生)と製本者の作業場(革、紙、糊)が思い浮かぶ。
味は、甘味と酸味で生み出される緊張感―甘いバニラ、チョコレート マフィン、クリーム ブリュレ、ダークトフィー、ファッジに対して、とろ火で煮込んだ果物、ハリボー サワー、オレンジ、ブルーベリーを感じる。また、油を含んだ松、たき火の燃えさしと、ウッディーな香りも感じる。
加水後の香りは、ミリオネイラーズ ショートブレッド(バター・キャラメル・チョコレートの3層)、甘いパイプタバコ、低木、ミツバチの巣がほどよく爆発し、さらに、バルサ材とクローブが味に加わる。
この1891年創業の蒸溜所は、‘じっとしていられないペーター’と共同で設立された。

カラー:アトランティス島の埋蔵物 (0.3)

ソサエティ日本支部の一言
【ホワイトチョコを塗ったスイカと土の香り。バニラアイスを食べながらの夏休みの昆虫採集。】

Comment

The nose had heaps of honey, mounds of marshmallows and vast vanilla it also evoked summer barbeques (charred ribs, salad, lemon, balsamic, wood-sap, lawns) and a bookbinders workshop (leather, paper, glue).
The palate had sweet and sour creative tension - sweet vanilla, chocolate muffins, creme brulee, dark toffee and fudge against stewed fruits, Haribo sours, orange and blueberry. We also found woody notes - oily pine and wood fire embers.
The reduced nose offered millionaire’s shortbread, sweet pipe tobacco, shrubberies and a good blast of honeycomb; while balsa wood and clove joined the palate.
This 1891 distillery was co-founded by ‘Restless Peter'.

Colour: Atlantis treasure trove(0.3)

Price(価格)

¥13,000

プリントアウト用PDF

44.56.pdf PDF

リストへ戻る