The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

44.39

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

15

Alc.%

58.1

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1993/08

Outturn(ボトリング本数)

63

Release(リリース日)

2009 Summer

 

 

Title(題)

甘く、ほんのり焦がす Sweet, with a touch of char

コメント

パネルは、先ず甘いモルトと大麦糖のアロマを認め、次に、甘い香りのホワイトラムが続き、それから、かすかに薬品の香り(包帯、医療用のキャンディー、メンソール)を感じる。味は、甘く(パフキャンディー、チョコレート)、ほのかに焦げ目(カラメル色に煮込んだリンゴ、クリームブリュレ)、しかしその後ろに、良質のウッディーなスパイスが感じられる。加水によって、ジャム入りドーナッツやキャンディーの袋が香り、さらに、松とメンソールが加わる。しかし、今は、マカロンやパシュワリ ナン(ナッツやレーズン入りナン)など、ココナッツが連想される。あとから、メロンとブドウの芳しい甘さが香る。加水すると、味はわかりやすくなり、心地よい甘さ(タンノックのカラメルウエハース)で、フィニッシュは、程よい辛口で締めくくる。蒸溜所は、フィディック川とスペイ川が出会うところにある。

Comment

The Panel immediately identified sweet malt and barley sugar aromas, followed by perfumed white rum; then slightly medicinal impressions (bandages, medicated sweets, menthol). The palate was sweet (puff candy, chocolate) with a touch of char (caramelised apples, crime brule); behind that - nice wood spice. The reduced nose had jam doughnuts and sweetie bags along with pine and menthol - but now with suggestions of coconut (macaroons, Peshwari nan); the perfumed sweetness of melons and grapes surfaced later. The reduced palate was straightforward but pleasantly sweet (Tunnock's Caramel Wafers) with a nice drying finish. The distillery is where the Fiddich meets the Spey.

Price(価格)

¥8,500

プリントアウト用PDF

44.39.pdf PDF

リストへ戻る