The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

41.80

Region(エリア)

Speyside Spey

Age(熟成年)

9

Alc.%

58.2

Cask Type(樽の種類)

1st fill Oloroso butt

Distilled(蒸溜年)

2006/7/1

Outturn(ボトリング本数)

540

Release(リリース日)

2017/4/25

 

 

Title(題)

クラシック―オークと大麦の出会い 香りはクラシックな大麦とオーク、甘味の複合(はちみつとレーズンのホットケーキ、チェリオス、キャドバリーホールナッツチョコレート、泡立てとバナナがけのチョコ)そして落ち着いた木の香り(新しいベッドルームの家具、磨いたヒマラヤスギ)。もしオークの香りを甘い香りが支配したら、味わいは反対も行く、それはハチミツの甘味がシルキーな舌触りを大きくし、しかしオークが優しい生姜と甘い唐辛子のスパイス、樽棒とバルサミコを運んできてくれる。水を入れると、香りはとても青臭くなり、それは日に当たった大量の干し草と朝食のシリアルの箱のようだ。味わいは凝縮され、深味、浸透し価値のあるものに、そしてほろ苦い味わいのいちごバルサミコ酢、マーマレード、麦芽エキスのヤッファオレンジ・ケーキとビタミンC。

コメント

Classic – barley meets oak

Comment

The nose represents a classic meeting of barley and oak – complex sweetness (honey and raisin flapjacks, Cheerios, Cadbury’s Whole Nut, chocolate-coated foamy bananas) and pleasant woody notes (new bedroom furniture, polished cedar). If sweetness dominates oak on the nose, the palate reverses this – honey sweetness swells on silky textures, but oak delivers gentle ginger and sweet chilli spice, barrel staves and balsamico. With water, the nose becomes grassy – sunshine on hay bales and boxed breakfast cereal. The reduced palate is deep, penetrating and rewarding, with the bitter-sweet character of balsamic strawberries, marmalade, Jaffa cakes and vitamin C on malt extract.

Price(価格)

¥7,000

プリントアウト用PDF

41.80.pdf PDF

リストへ戻る