The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

41.67

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

30

Alc.%

53.7

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1984/09

Outturn(ボトリング本数)

168

Release(リリース日)

2015/9

 

 

Title(題)

ちょっと楽し気なビタースイート Bitter-sweet with a dash of fun

コメント

その色に忠実に、香りは杏ジャム、赤砂糖をまぶしたピーチ・パイ、オレンジクレープを運んできた。押し花、バタースコッチ、レモンドリズルケーキ、そして缶入りのシロップスポンジもあった – ちょっとしたデザートだ!ストレートの味はダーク・チョコレートオレンジ、ブランデーシロップ漬けオレンジ、マーマレード、レモンシャーベット・キャンディ、温かくなるスパイス(チリ、生姜、リコリス)のビタースイートな体験だった。加水すると香りはトロピカルフルーツの爆発になった – レモン、ライム、パパイヤ、バナナ、クランベリー、ラズベリー、ルバーブ、そこにフローラルな香りが少しちりばめられて楽し気になった。味は口がすぼまるような柑橘系(グレープフルーツ、ライムゼスト、グーズベリー)のままだったが、甘酸っぱいお菓子(ハリボー社タングファスティクス、ジョリー・ランチャー)でちょうどよくバランスが取れていた。

Comment

True to its colour the nose delivered apricot jam, brown sugar-sprinkled peach flan and orange crepes; we also found pressed flowers, butterscotch, lemon drizzle cake and tinned syrup sponge – quite a dessert! The neat taste was a bitter-sweet experience of dark chocolate orange, oranges preserved in brandy syrup, marmalade, lemon sherbets and warming spices (chilli, ginger, liquorice). The reduced nose became a tropical fruit explosion – lemon, lime, papaya, banana, cranberry, raspberry, rhubarb, with some floral notes chucked in for fun. The palate remained mouth-drawingly citric (grapefruit, lime zest, gooseberry) but reasonably balanced by sweet and sour confectionery (Haribo Tangfastics, Jolly Ranchers).

Price(価格)

¥21,000

プリントアウト用PDF

41.67.pdf PDF

リストへ戻る