The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

41.66

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

11

Alc.%

60.3

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2003/08

Outturn(ボトリング本数)

216

Release(リリース日)

2015/11

 

 

Title(題)

甘い柑橘類と魅力的な芳香 Sweet citrus and attractive perfumes

コメント

香りがもたらした刺激は大量のハリボー(古い世代にはドリー・ミックス)、バニラスライス、山盛りのパイナップル、カップケーキ – 最終的にはもっと複雑になり、ジャスミン茶、葉巻の箱、クルミ油、組み立て式の家具。ストレートの味には沢山の甘さ(ピーチジュース、ホワイトチョコレート、缶詰のパイナップル、甘ったるいグラブ・ジャムン・ドーナツ)があった – だが、唐辛子の辛さに加えてタバコとグレープフルーツの苦味のお陰で決して嫌になる程ではなかった。加水すると、香りには魅力的な芳香が広がった(桃、ジャスミン、スズラン、レモン・カップケーキ)。加水した味は「満足させる」、「楽しめる」ものだった – 甘やかに柑橘系で、リンゴの飴煮、レモン・ドリズル・ケーキ、アイスクリームがあり、フィニッシュには生姜、胡椒、ミント、メンソール。

Comment

The nose stimulated us with tons of Haribos (Dolly Mixtures for older generations), vanilla slices, pineapple humps and cup cakes – eventually more complex – jasmine tea, cigar boxes, walnut oil and flat-pack furniture. The neat palate had plentiful sweetness (peach juice, white chocolate, tinned pineapple, syrupy gulab jamun) – but never sickly, thanks to chilli heat and tobacco and grapefruit bitterness. The nose developed attractive perfumes with water (peach, jasmine, lily of the valley, lemon cup cakes). The reduced palate was ‘satisfying’ and ‘enjoyable’ – sweetly citric, with caramelized apple, lemon drizzle cake and ice cream, plus ginger, pepper, mint and menthol to finish.

Price(価格)

¥9,000

プリントアウト用PDF

41.66.pdf PDF

リストへ戻る