The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

41.59

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

10

Alc.%

61.9

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2003/08

Outturn(ボトリング本数)

233

Release(リリース日)

2014/5

 

 

Title(題)

食欲をそそり、欲望をかきたてる Appetizing and tantalizing

コメント

香りには庭の芳香(レモンバーム、新鮮な草、花々、ハーブ、若木)が散りばめられていた。さらにオレンジ油、白檀、レザー、そして食欲をそそる快い芳香もあって加水すると強くなった – ジンジャーブレッド、チョコレートオレンジ、バニラ、トフィーアップル、カラメル、バタースコッチ、クレームアングレーズ。
味も食欲をそそるものだったが、暗く、刺激的なやり方で、私たちの味蕾はシェリー、甘いココナッツ、モカ、チリチョコレート、カルダモン、クローブで欲望をかきたてられた。
加水するとそれが甘くなった – 焼いたビスケット生地にかけた豊かで濃厚なソフトカラメルとトフィーが、それより繊細なリンゴ、タイム、アンジェリカを圧倒している。
キャロンに近いスペイサイドからのこの製品は、その年数より熟成しているように思える。

Comment

The nose was powdered with garden fragrances (lemon balm, fresh grass, flowers, herbs, saplings); we also found orange oil, sandalwood and leather – and some lovely appetizing aromas that increased with water – gingerbread, chocolate orange, vanilla, toffee apple, caramel, butterscotch and crème Anglaise.
The palate was also appetizing, but in a dark, pungent way: our taste-buds tantalized by sherry, sweet coconut, mocha, chilli chocolate, cardamom and clove.
Adding water sweetened it – the rich, syrupy soft caramel and toffee over a baked biscuit base dominating more delicate apple, thyme and angelica.
This sample, from the Spey near Carron seemed older than its years.

Price(価格)

¥8,000

プリントアウト用PDF

41.59.pdf PDF

リストへ戻る