The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

4.179

Region(エリア)

Island

Age(熟成年)

22

Alc.%

54.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1991/05

Outturn(ボトリング本数)

192

Release(リリース日)

2013/10

 

 

Title(題)

複雑な小部屋の集まり Compartments of complexity

コメント

香りは様々な小部屋を開けた – ひとつは焦げたクランペット(軽食パン)にバターを塗ってゴールデンシロップをかけたものとライムママレードをのせたトースト;もうひとつにはくすぶる焚き火と蜂蜜に浸したすくい棒;密接な関連 – 木材の削りくず、杉のおがくず、そして林床;最後にルコゼイド(炭酸飲料)の炭酸っぽさ、清涼飲料、マルガリータ、そして半分に切ったパイナップルの容れ物で供されるレモンシャーベット。
味も同じくらい複雑で、コーディアルライムとレモン味のLocketsのど飴と並んでハニーローストピーナッツ、灰、ブラウンソース、そしてステーキパイの上部の焦げたパイ皮があった – トフィーとキャラメル、そして甘い煙が漂う快い甘さも忘れてはいけない。最後はバーベキュー小屋の『Victory V』リコリスのど飴。
この蒸溜所はおそらくその創立者につきまとわれている。

Comment

The nose opened various compartments – one with golden syrup on buttered burnt crumpet and lime marmalade on toast; another had smouldering bonfires and burnt sticks dipped in honey; closely related – wood shavings, cedar sheds and forest floors; finally Lucozade fizziness, refreshers, margaritas and lemon sorbet served in half-pineapple shell.
The equally complex palate had lime cordial and lemon Lockets alongside honey-roasted peanuts, ash, brown sauce and burnt pastry on a steak pie; not forgetting the pleasant sweetness of toffee and caramel and puffs of sweet smoke; eventually Victory V’s in a barbecue hut.
The distillery is supposedly haunted by its founder.

Price(価格)

¥12,500

プリントアウト用PDF

4.179.pdf PDF

リストへ戻る