The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

4.176

Region(エリア)

Island

Age(熟成年)

21

Alc.%

48.7

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1991

Outturn(ボトリング本数)

188

Release(リリース日)

2015/6

 

 

Title(題)

シャーマンのテントの中で In a shaman's tepee

コメント

香りは薬とハーブの煙、熱い石、ワックスキャンバス地をもたらしてシャーマンのテントを思わせる;それから辛口の何か(スイートチリソースがけのローストポークかチキンの炙り焼き)、ココナッツ、ペパーミント、そして様々な酸味の層。その味には本当に唾液が出た;パリパリに焼いた豚の皮、焼いたガモン、塩、粗挽きコショウ、そこに風味の良い甘いフルーティさ、オークの木切れ、塩キャラメル、リッチティービスケットが重なる。加水後の香りはヒースの香りの石けん、レモンシャーベット、メンソール、そしてドイツの焼いたソーセージ。味にはピリッとしたオレンジ、塩水、埃っぽい石炭、塩辛い肉、そして苦いオークが感じられた;驚くほど複雑。Magnus Eunsonが1798年にオークニー島に建てた蒸溜所から。

カラー:冬の嵐の中に射す太陽(0.2)

ザ・ソサエティ日本支部の一言
【火打ち石、ハーブ、はちみつレモン、そして塩っぽさ。複雑に味が絡み合い飲み応えがありつつ、飲み疲れしない理想的なスタイル。】

Comment

The nose delivered medicinal and herbal smoke, hot stones and waxed canvas, suggesting a shaman's tepee ? also something savoury (sweet chilli sauce on roast pork or charred chicken), coconut, peppermint and various citric layers. The palate had us seriously salivating ? pork crackling, baked gammon, salt and cracked pepper, combined with a tasty, sweet fruitiness, slivers of oak, salt caramel and rich tea biscuits. The second nosing found heather-scented soap, lemon sherbet, menthol and German bratwurst. On the palate we now identified tangy orange, brine, dusty coal, salty meat and bitter oak ? amazingly complex. It comes from Magnus Eunson's 1798 Orkney distillery.

Colour : Sun through a winter storm

Price(価格)

¥12,500

プリントアウト用PDF

4.176.pdf PDF

リストへ戻る