The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

4.159

Region(エリア)

Island

Age(熟成年)

16

Alc.%

55.5

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1995/09

Outturn(ボトリング本数)

241

Release(リリース日)

2012/4

 

 

Title(題)

海岸の焚き火パーティー Beach bonfire party

コメント

この塩気と煙、ミネラル感のある香りは、我々を文句なしに海岸の焚き火パーティへと誘った。貝殻、岩間の海水溜り、海草、ヒース、燃料用に集めた流木。ビールで洗い流した塩漬けの魚、タバコと消し炭になったトフィーがその後に。加水前の味はトフィー、チョコレートとオレンジ、多少の煙、ヒース、アンチョビペーストを塗った雑穀パン。それから長く、辛口のフィニッシュ。
加水すると、グラッパ、風船ガム、エジンバラ・ロック(香り付けされた飴)、フルーツサラダ・チュー(フルーツ味のグミ)を伴いつつ、爽快な海沿いの香り。
味は強烈なまでの甘味、香りの良い煙、パイナップル、ブドウ、メロンなどのフルーツの特徴を備え、カンゾウとキャラウェイ。
軽く見てはならない、最北の蒸溜所からの力強いドラム。
色:淡い杏の金色(0.8) ソサエティ日本支部の一言【浜辺の焚き火とタバコ、塩とスモークが複雑に絡む。】

Comment

This salty, smoky, mineraly nose took us uncomplainingly to a beach bonfire party – sea-shells, rock-pools, seaweed, heather and driftwood for fuel – salted fish, washed down with beer – tobacco and cinder toffee after. The unreduced palate suggested toffee, chocolate and orange – also some smoke, heather, granary bread with anchovy paste and then a long, hot finish. In reduction, the nose was freshly coastal, with grappa, bubble-gum, Edinburgh Rock and fruit salad chews. The palate held intense sweetness, good smoke, some fruity characteristics (pineapple, grape, melon) liquorice and caraway – a powerful dram, not to be taken lightly, from Scotland’s most northerly distillery.
Colour: pale apricot gold (0.8)

Price(価格)

¥9,500

プリントアウト用PDF

4.159.pdf PDF

リストへ戻る