The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

4.156

Region(エリア)

Island

Age(熟成年)

20

Alc.%

53.5

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1991/05

Outturn(ボトリング本数)

252

Release(リリース日)

2011/12

 

 

Title(題)

漁船の上の樽職人のエプロン A cooper's apron on a fishing boat

コメント

こんがり焼いた松の実、トフィー、トーストの上のマーマイト(ペースト状のイースト)、オレンジ、(魚に搾りかけた?)レモン、サイダービネガー(リンゴの発泡酒から作った酢)、雨上がりの森の中の地面、消えかかっている焚き木の煙―興味深い香り。
加水するとフルーティな香りが支配する。アプリコットジャム、熟れていない洋梨とリンゴ―“リフレッシャーズ(清涼感のあるチューイングキャンディ)”、濡れた帆、防水服、麻のロープ、奇妙にもマーマイト。
加水前の味はトライクル・トフィー(糖蜜のトフィー)、黒焼きになった木、焦げたヒースの若枝、革と樫(誰かが「樽職人のエプロン」と評した)の深い余韻があり、目に涙が浮かんだ。
加水後の味はタバコ、“バルモラル・ソース(ウイスキーやクリームを使ったステーキなどのソース)”、ヒース、油の染みたロープ、燻した“ジェリー・ベイビーズ(子どもの形をしたフルーツ味のグミ)”を呼び起こし、後に心地よくちくりとうずきを残す。
蒸溜所はカークウォール(オークニー諸島の州都)に立つ。
色:輝く藁(0.2) ソサエティ日本支部の一言【松の実の香ばしくもオイリーな旨み、シトラスやアプリコットの爽やかなフルーツ香。】

Comment

We found the nose curious – toasted pine nuts, toffee, marmite on toast, orange, lemon (squeezed over fish?) cider vinegar, forest floor after rain and muted wood smoke. Fruity aromas dominated with water – apricot jam, hard pears and apples – also refreshers, wet sails, oilskins and hemp rope – strangely maritime. The unreduced palate brought a wee tear to the eye with deep resonances of treacle toffee, charred wood, burnt heather sprigs, leather and oak (someone suggested ‘a cooper’s apron’). The reduced palate evoked tobacco, Balmoral sauce, heather, oily ropes and ‘smoked jelly babies’ – leaving pleasant tingles after. The distillery stands above Kirkwall.
Colour – shiny straw(0.2)

Price(価格)

¥11,000

プリントアウト用PDF

4.156.pdf PDF

リストへ戻る