The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

4.132

Region(エリア)

Islands

Age(熟成年)

13

Alc.%

57.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1995/11

Outturn(ボトリング本数)

296

Release(リリース日)

2009 Summer

 

 

Title(題)

ホビスターヒルでのレスリングの試合 Wrestling match on Hobbister Hill

コメント

パネルは、新鮮なタール、ピート、焦げたヘザーが香ると言い、The Whisky-scientist(ウイスキー サイエンティスト)は、採石場で岩を砕いているようだと言う。食物―ジャガイモのソテー、ビスク、パフキャンディーも認められる。香りが暗示し、味で確認する―他よりスモーキーで、再び焦げたヘザー、灰とバーベキューポーク。ピリッと辛い黒胡椒、塩、ダークチョコレートが香る。加水した香りから、オレンジ風味の菓子、薬のようなハーブが暗示される。味は、オレンジらしさ―タンジェリンオレンジの皮、発泡性のビタミンC-に反映する。生で加工していないスモーキーな要素と、(唐辛子が感じられるにもかかわらず)さらに甘いチョコレートとのしっかりと四つに組んだレスリングの勝負は、引き分けに終わった。この蒸溜所では、ホビスターヒルでピートを掘り起こす。

Comment

The panel mentioned fresh tar, peat and singed heather; the Whisky-scientist was breaking rocks in a quarry. Food was also identified - sauté potatoes, bisque and puff candy. What the nose indicated, the palate confirmed - smokier than usual; burnt heather again, ash and barbequed pork. It also had fiery black pepper, salt and dark chocolate. The reduced nose suggested orange sweets and medicinal herbs. The palate reflected that oranginess - tangerine peel and effervescent vitamin C. A wrestling bout between the raw, smoky elements and the sweeter chocolate (albeit with chilli) resulted in a draw. The distillery cuts peats on Hobbister Hill.

Price(価格)

¥8,500

プリントアウト用PDF

4.132.pdf PDF

リストへ戻る