The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

4.128

Region(エリア)

Islands

Age(熟成年)

23

Alc.%

52.1

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1984/12

Outturn(ボトリング本数)

254

Release(リリース日)

2008 Winter

 

 

Title(題)

敷物に落ちた洋梨 Bruised pears on a ground sheet

コメント

土臭いフルーティさ(傷ついた洋ナシ、かすかにかび臭いセビリアのオレンジ)、わずかなママレードとキャラメル、そしてしばらくすると海の香りという、とっつきやすい香り。味はジューシーでほのかに甘く、背後にかすかな硫黄とあぶったブリキ。加水するとスモーク(船外機)とゴムの風味(軽快な城、ウェットスーツ、ゴムボートなどの様々な意見の後、「グラウンドシート」の上のキャンプ生活を思い浮かべた)が現れる。口いっぱいの感覚に、甘さといくらかのフルーティさ、そしてかすかなバイクの排気ガスのフィニッシュ。これはオークニー最古であり最も有名な蒸留所製。ハーブ(タラゴン)と甘さ。スコットランド最北に位置する蒸留所の代表的なウィスキーは水を加えすぎないのがお勧め。

Comment

The nose is accessible, with an earthy fruitiness (bruised pears, slightly mouldy Seville oranges), some marmalade and caramel, and after a while some briny notes. The taste is juicy and sweetish, with a hint of brimstone and roasting tin in the background. Water brings up smoke (outboard motor) and rubbery notes (variously described as bouncy castle, wet suit and rubber dinghy until we began to think camping and fixed on ‘ground sheet’. A full mouth feel, with some sweetness and some fruitiness, and a hint of motorbike exhaust in the finish. This is from Orkney's oldest and most famous distillery. herbal (tarragon) and sweet. Only a little drop of water is recommended for this substantial example of from the most Northerly distillery in Scotland.

Price(価格)

¥14,500

プリントアウト用PDF

4.128.pdf PDF

リストへ戻る