The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

39.83

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

28

Alc.%

53.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1982/10

Outturn(ボトリング本数)

197

Release(リリース日)

2011/12

 

 

Title(題)

よだれが出るほど美味 (誘惑的なおいしさ) Yummy and mouth-watering

コメント

魅惑的な香りは強烈なほどに菊やダリア、ニワトコの花、ポプリなどの花を思わせる。
しかしずらりと並んだようなその他の香り―モカ、アーモンドケーキ、クランチバー、ペンキを塗った木、ブルーベリー味の風船ガムが、コーヒーショップと本屋のコンビネーションを示した。
味は豊かであたたかく、濃厚なヘザーハニー、甘いココナッツ、サンデーロースト(日曜のランチに食されるロースト肉と付け合せの野菜等のグレービーソースがけ)、食用花のサラダ、ニスを塗った木。私たちは圧倒されてしまった。
水を加えると香りは、ココナッツで見事に香り付けされたハリエニシダの花と甘酸っぱいペキンダックとなって続く。そして加水後の味は、バニラ、シモツケソウと芳香豊かなニワトコの花のシャンパン、よだれが出そうなほど非常においしくなる。
1824年から続いている蒸溜所は、エルギンの東端に佇んでいる。
色:高級なバターのような金色(0.6) ソサエティ日本支部の一言【エステリーなココナッツと花のような可憐な繊細さ。十分な甘みとそれに寄り添うほのかな酸味のバランス。】

Comment

The inviting nose was intensely floral (chrysanthemums, dahlias, elderflower, pot-pourri) but an array of other aromas (mocha, almond cakes, Crunchie bars, painted wood, blueberry bubblegum) suggested a coffee shop and book shop combination. The palate was rich and warm, giving thick heather honey, sweet coconut, Sunday roast, flower salad and varnished wood – we were bowled over. The reduced nose continued beautifully perfumed with the coconut of gorse flowers and sweet and sour Peking duck. The reduced palate became yummy and mouth-watering, with vanilla, meadowsweet and perfumed elderflower champagne. The distillery, dating from 1824, sits on the eastern edge of Elgin.
Colour – rich buttery gold (0.6)

Price(価格)

¥16,000

プリントアウト用PDF

39.83.pdf PDF

リストへ戻る