The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

39.108

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

10

Alc.%

61.3

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2004/05

Outturn(ボトリング本数)

229

Release(リリース日)

2015/10

 

 

Title(題)

ベイクド・アラスカ Baked Alaska

コメント

ストレートの香りは生き生きとして刺激的、甘さとフルーティさが優勢で、ロゼシャンパンと搾りたてのオレンジジュースを1対2で配合したバックスフィズ・カクテルにつながった。
もうひとつ現れたカクテルは、ジン、レモンとライムのジュース、オレンジフラワーウォーター、砂糖、クリーム、卵白、ソーダ水が入ったニューオリンズフィズ。
口当たりも同じテーマに沿っていた − 刺激的、発泡性、弾けるパイナップル風味ソーダ水、クリームソースに入れたドライフルーツ。加水すると、古典的なバニラスライス、マンゴーアイスクリーム、チョコレートでコーティングしたマシュマロ、味はチョコレートアイスクリームのベイクドアラスカだった。

Comment

The nose neat was fresh and fizzy with a sweet/fruity dominance which led us to a Buck’s Fizz cocktail using one part pink champagne and two parts freshly squeezed orange juice.
Another cocktail comparison was a New Orleans Fizz containing gin, lemon and lime juice, orange flower water, sugar, cream, egg white and soda water.
The mouthfeel followed along the same theme; fizzy, bubbly, sparkling pineapple flavoured soda water and dried fruits in a cream sauce.
With water a classic vanilla slice, mango ice cream and chocolate covered marshmallows whilst the taste was that of a baked Alaska with chocolate ice cream.

Price(価格)

¥8,500

プリントアウト用PDF

39.108.pdf PDF

リストへ戻る