The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

37.73

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

29

Alc.%

56.5

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1986/06

Outturn(ボトリング本数)

120

Release(リリース日)

2017/3

 

 

Title(題)

謎めいて好奇心をそそる Curious and enigmatic

コメント

香りははっきりとオークを宣言していた − おが屑、焦がした木材、ダンネージ、バニラ、ココナッツ・マシュマロ・ビスケット。そして木に長く閉じ込められながらも生き延びたフルーティな心(プラム、桃、マンダリン、煮た洋ナシ、ドライフルーツ)。
味にもオーキーな反響があった − 温かく、ウッディ、スパイシーでドライ、リコリスと喉飴があり、中核はシャープなフルーツ − ビターレモン、甘酸っぱいドロップ、プルーム、ドライフルーツにかけたバニラ風味のアイシング。
加水した香りは好奇心をそそった − クルーティー・ダンプリング、エキゾチックフルーツ(ドライパイナップル、ドライパパイア)、ワインガム、西瓜の香りのマニキュア、それにペンキ。味は円熟したが、それでも口角が引っ張られるような、舌の鳴る、謎めいてむずむずするウッディな温かさと、シャープでビターなフルーツを伴った。

Comment

The nose had definite declarations of oak – sawdust, charred wood, dunnage, vanilla and coconut marshmallow biscuits. The fruity spirit survived its long wooden imprisonment (plums, peaches, mandarins, poached pears, dried fruits). The palate also had oaky reverberations – warm, woody, spicy and dry, with liquorice and cough sweets and a sharp fruit core – bitter lemon, acid drops, soor plooms and vanilla icing on dried fruits.
The reduced nose was curious – clootie dumpling, exotic fruits (dried pineapple and papaya), wine gums, watermelon-scented nail polish and paint. The palate now mellowed, but still with mouth-drawing, lip-smacking, enigmatically tickling woody warmth and sharp, bitter fruits.

Price(価格)

¥29,000

プリントアウト用PDF

37.73.pdf PDF

リストへ戻る