The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

37.51

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

18

Alc.%

60.0

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1993/03

Outturn(ボトリング本数)

583

Release(リリース日)

2012/03

 

 

Title(題)

伝統的なヨットの客室 The saloon of a classic yacht

コメント

きらびやかな色あい、シェリー由来の香りの最初のインパクト―ドライフルーツ、ダークラムでふやかしたイチジク、濃い紅茶、カスタードプリン、磨き上げた樫、ワックスを塗った革。クラシックなヨットのイメージが頭に浮かぶ。
味は焦げた塩味のトフィーとジンジャーケーキで甘苦く、しかし薬草っぽくスパイシーな香り(タラゴンと嗅ぎタバコ)もあり、長いフィニッシュに唐辛子チョコレートがある。
加水すると瞬間的に硫黄が現れるが、すぐにクリームブリュレ、フルーツケーキ、乾燥イチジクと古い家具に取って代わる。まだ味には甘苦味(焦げたレーズン、カラメル)があり、かすかなカシスのフィニッシュとともに一度に冷たさとあたたかさが感じられる。
蒸溜所はジョン・スミスという名の非常に偉大な男が創業した。
色:深いマホガニーにローズウッド(紫檀)の明かり (1.6)
ソサエティ日本支部の一言【重厚なオロロソシェリー、ダークチェリーとビターチョコレート。】

Comment

Gorgeous colour and an immediate impact of sherry-related aromas: dried fruits, figs macerated in dark rum, strong black tea, crème caramel, polished oak and waxed leather – the image of a classic yacht sprang to mind. The taste is bitter-sweet, with burnt salt taffy and ginger cake, but also herbal and spicy notes (tarragon and mouth snuff) and chilli chocolate in the long finish. Immediate sulphur notes with water, but these soon give way to crème brulée, fruit cake, dried figs and old furniture. Still bitter-sweet to taste (burnt raisins, caramel); at once cooling and warming, with a hint of blackcurrant in the finish. The distillery was built by a very large man named John Smith.
Colour: Deep mahogany, with rosewood lights(1.6)

Price(価格)

¥10,500

プリントアウト用PDF

37.51.pdf PDF

リストへ戻る