The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

37.50

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

12

Alc.%

54.5

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1999/02

Outturn(ボトリング本数)

263

Release(リリース日)

2012/01

 

 

Title(題)

菓子屋のピザ Pizza in a sweetie shop

コメント

香りをかいだ瞬間、私たちは即座に菓子屋に足を踏み入れていた。“ワイン・ガム”、“ゴブ・ストッパー(固い砂糖菓子)”、“アップル・ジャック(リンゴ味の輪状のシリアル)”、“シュラー(炭酸飲料)”の赤ブドウ味とその他人工のフルーツ味の香料が、このバリンダルロッホの地所にある蒸溜所と結びつく証のような、少しの革磨き石鹸を伴って感じられる。カスクストレングスでは、味はリンゴとシャーベットで全面的に甘く複雑。そしてちょっと焦げたアップルシュトルーデル(煮リンゴをパイ生地で巻いた焼き菓子)、フィニッシュにかすかな灰。
少量の加水で“ミスターキップリング”の「アーモンドスライス(アーモンドを使ったスポンジケーキ)」のバニラカスタード添え、合成皮革、トマトのつるを引き出し、後からピザ生地の上のハーブと割ったコショウ、また軽いトフィーとスパイスも味として感じられる。
色:ミディアムゴールド(0.5)
ソサエティ日本支部の一言【熟したリンゴやワイン。バニラカスタードの甘さ。アーモンドや革の香ばしさ。均整のとれたスペイサイドモルト。】

Comment

We immediately entered a sweetie shop – wine gums, gob stoppers, apple jacks, Schloer (red grape variety) and other artificial fruits, with some tell-tale saddle soap, which we associate with this distillery on Ballindalloch Estate. At natural strength, the taste was sweet overall and complex, with apple and sherbet, and ‘slightly burnt apple strudel, giving a hint of ash in the finish. A drop of water introduces Mr. Kipling almond slices with vanilla custard, soft leatherette and vine tomatoes, and the latter come through in the taste, with herbs and cracked pepper on a pizza base, but also some light toffee and spice.
Colour: Mid gold(0.5)

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

37.50.pdf PDF

リストへ戻る