The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

36.101

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

18

Alc.%

57.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1997/08

Outturn(ボトリング本数)

198

Release(リリース日)

2016/9

 

 

Title(題)

危険なまでに飲みやすい Dangerously quaffable

コメント

このライトで爽やかなウイスキーは、プロセッコ、イチゴゼリーに埋まったレディフィンガー、ほのかな香水、鉛筆の削り屑、モヒート(爽やかで塩辛く、レモン風味で甘い)で始まった。味には香り高い甘さがあり、トライフルと、それから沢山のイチゴ(ジャム、コーディアル、そして発泡性のスイーツ)。加水すると、芳香が若干フローラルに(ナスタチウム)、粉っぽく(干し草とシャーベットレモン・キャンディ)、夏のように(バターのアイシングを掛けたビクトリア・スポンジとフルーツスカッシュ)なった。それは「危険なまでに飲みやすい」ものだった。質感はライトでミルキーだが、アフターテイストにはフルーツジュースのようなドライさも - ココナッツに入れて出されるレモンメレンゲ・パイとフルーツスムージー。

Comment

This light and fresh dram started with aromas of Prosecco, sponge fingers in strawberry jelly, a hint of perfume, pencil shavings and Mojito (fresh, salty, citric and sweet). Perfumed sweetness on the palate, trifles and then lots of strawberries (jam, cordial and fizzy sweets). Water made the aromas lightly floral (nasturtium), dusty (hay and sherbet lemons) and summery (Victoria sponge with butter icing and fruit squash). It was ‘dangerously quaffable’ to drink. Light and milky in texture but also like a fruit juice’s drying aftertaste - lemon meringue pie and a fruit smoothie served in a coconut.

Price(価格)

¥13,000

プリントアウト用PDF

36.101.pdf PDF

リストへ戻る