The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

35.78

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

14

Alc.%

58.5

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1998/02

Outturn(ボトリング本数)

275

Release(リリース日)

2012/12

 

 

Title(題)

プラリネと微発泡のコカコーラ Praline and flat Coca Cola

コメント

最初の香りはジャコウが香る家具磨き、やがてフレッシュミントやバタースコッチ、ハイランドトフィーさらにプラリネ(ナッツの砂糖菓子)、クラックネル(堅焼きビスケット)、ピーナッツブリットル(キャラメル味のピーナッツキャンディー)やアーモンドケーキの香りとなる。
味は、香りが暗示するよりさらにドライになるが口当たりは口全体に広がり、アロマの香るハーブと白檀があと味として残る。
加水によってアロマが変わりさらに埃っぽく、樹木系の香りが漂い、まるで古い洋服ダンスのよう。そののち、あるパネラーによると‘コカコーラ味の風船ガム’、一般的な意見としては、ルートビアやヴァージニアタバコの香りが浮かび上がる。口当たりはより滑らかになり、味ははるかに甘く、かすかに木の香りが伴う。そして、微発泡のコカコーラや甘いタバコの味が戻ってくる。
現在フランスの会社が所有している蒸溜所には、かつて敷地内に絞首台があった。
カラー: 深い琥珀色-トラの目(1.4)
ソサエティ日本支部の一言【古いタンス、コーラとハーブのコラボレーション。スパイスの効いたチョコレートが心地よい。 】

Comment

An initial scent of musky furniture polish and fresh mint becomes Butterscotch and Highland Toffee, then praline, cracknel, peanut brittle and almond cakes. The taste is drier than the nose implies, but the texture is mouth-coating, leaving aromatic herbs and sandalwood in the aftertaste. Water changes the aroma, making it more dusty and woody, like an old wardrobe, then there emerges scents of ‘Coca Cola flavoured bubblegum', according to one panel member; root beer and Virginia tobacco by general consensus. The texture is now softer and the taste much sweeter, with light wood notes and a return of flat Coca Cola and sweet tobacco. The distillery, now owned by a French company, once had a gallows in its grounds.
Colour: Deep amber; tiger's eye(1.4)

Price(価格)

¥8,000

プリントアウト用PDF

35.78.pdf PDF

リストへ戻る