The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

35.44

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

35

Alc.%

55.0

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1975

Outturn(ボトリング本数)

167

Release(リリース日)

2011/Life 07~

 

 

Title(題)

魂を奪われるほど楽しい Entrancing and delightful

コメント

香りは、魂を奪われるほど楽しい!蜂の巣、マーマレード、チェリーリキュール、異国のフルーツと花、磨かれたマホガニーと革の香りもする。味は、活気に満ちているが軽々しくない―エスプレッソコーヒーの飲み残しの中にあるブラウンシュガーとグランマニエの風味が、口の中で混ざりあいチクチクと刺激する。“永遠に続く喜び”と叫ぶパネリストもいる。加水後の香りは、主題だったオレンジがさらに発展し―高級チョコレートにディップした砂糖煮のオレンジ・ジャファケーキ・オレンジゼリー―カルダモンと薬らしさがかすかに暗示。加水後の味は、特別に洗練された大人の甘みを感じる。トフィーやスパイス、すべてがすばらしい。蒸溜所は、時折ロッシー川の氾濫で浸水する。色:ダンスのスポットライトのあたるマンダリン マホガニー (1.2)
ソサエティ日本支部の一言【濃縮された甘美なアイスワイン、見事な照り、シナモンシュガーとマホガニーウッド、ビターオレンジ、美味しさのあまり目を閉じてしまう。】

Comment

The nose was entrancing and delightful! Honeycomb, marmalade and cherry liqueur; exotic fruits and flowers; polished mahogany and leather. The palate was lively but never frivolous – brown sugar in espresso coffee dregs and Grand Marnier flavours mingling and tingling in the mouth, “everlasting joy” exclaimed one panellist. On the reduced nose, the orange theme developed even further – candied orange dipped in luxurious chocolate, Jaffa cakes, orange jelly – also a slight whisper of cardamom or something medicinal. The reduced palate had a special, urbane, adult sweetness; toffee and spice and all things nice. The distillery is sometimes flooded by the Lossie.

Colour – mandarin mahogany with dancing lights(1.2)

Price(価格)

¥21,000

プリントアウト用PDF

35.44.pdf PDF

リストへ戻る