The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

35.34

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

13

Alc.%

57.0

Cask Type(樽の種類)

New Charred Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1996/08

Outturn(ボトリング本数)

281

Release(リリース日)

2010 Autumn

 

 

Title(題)

モロッコ風ティールームの男らしさ Moroccan tea-room masculinity

コメント

この香りが人の関心を引き独特なのは、おそらく新しい木材が香るために相違ない。オークの影響(大工の作業場・茶箱・バニラ)によって、コクのあるトフィー、チョコレート、レーズンの香りが引き立つ。そして、アメリカンクリームソーダ、コカコーラ、バブルガム、ペパーミント-さらに軽やかで生き生きとした香りが届けられる。加水前の味は、フルーツと花から始まり、男性的な側面(スモーク・灰・革・タバコ)へと展開する。加水後の香りは、葉巻のスモークの芳香、白檀、カーペットの香りにより、知る人によってはモロッコ風のティールームが思い浮かぶ。加水後の味は、上品な甘さが心をくすぐるとともに、丁子とタバコケースも際立つ。最近まで蒸溜所は、グレンモーレンジーグループの傘下だった。
カラー-マホガニーの上のコカコーラ ■ソサエティ日本支部の一言【うっとりと芳しい新樽、重厚な木のエキス、エグ味がなく美味】

Comment

We found this nose interesting and unusual, doubtless due to the new wood. Echoes of oak (a carpenter’s workshop, tea boxes, vanilla) complimented the rich toffee, chocolate and raisins; but then something more airy arrived - American cream soda, coca-cola, bubble-gum and peppermint. The unreduced palate started fruity and floral, but developed a masculine side (smoke, ash, leather and tobacco). The reduced nose, with perfumed smoke, sandalwood and carpets, suggested Moroccan tea-rooms to someone who knew about such things. The palate became elegantly sweet and teasing, but with clove and cigar-box boldness. The distillery was in the Glenmorangie group until recently.

Price(価格)

¥9,000

プリントアウト用PDF

35.34.pdf PDF

リストへ戻る